© 2017 LASC Company Inc. All rights reserved.

August 31, 2019

自分は欠けることのない、まぁるい存在なんだ。

自分に向けられた否定的な言葉や態度で、

自分が欠けてしまったように感じるときもあるよね。

自分の努力が足りないから、

自分の能力が足りないから、

自分の知識が足りないから、

自分をつい「足りない」存在して、

そこから、不足を埋めようって思う。

それをやり続けると、

ときに、自分を責めてくる相手を嫌ったり、

フィードバックをしてきた人を責めたり、

自分の今の環境のせいにしてみたり。

こんなに私も頑張っているのに……って想いに駆られる。

そんなことを続けて、自分の身体も疲弊している人って結構いる。

かつての私もそうだっ...

August 29, 2019

誰かの言葉や活字、毎日浴びているSNSの中の呟きや宣伝……。

ついつい思考が働きはじめてしまう私は、

頭がまわり始めると止められないため、

ちょっと本も新聞もSNSも距離が欲しかった日々。

特に7月は資格試験の勉強でかなり言葉と向き合い、

どこまでも言語化が難しい世界のことを自分の言葉にしたり、

英語を翻訳された教科書を読み込む作業が続き、

ちょっと活字も言葉もノーモア……気分が8月まで続いていました。

そして、ここのところ、ようやく活字熱が戻ってきて。

(このblogを書いているのも、そのうちかも?)

薦められた本、本屋で気になった本を読み進めていま...

August 28, 2019

今朝は朝起きた瞬間から憂鬱。

やる気が出ないし、何をやるのもめんどくさい。

なんでーー? って、ちょっと立ち止まったら、理由は明白で、

夜のセッションでミニ座学をやる予定があり、

その準備を、頭の中にあるものを書き出す作業が、、、面倒だったのです。

カラダ大学を開校した当時から、

私のセッションでは「理論的に説明」をすることが多くて、

3年を過ぎ、今は、どこまでも未知なカラダのことを、

ある部分を切り取って、知識として落とし込むことに難しさを感じており。

あーー、切り取れるかな?

しかも、テーマは「食べ続けてしまう場合の内分泌と代謝」。

栄養学も漢方も勉...

August 27, 2019

「過去に経験したことはすべて、

あなたの未来の旅とやるべき事を作り上げる

準備のための材料だったと考えるといい」

ーU理論 第2版 P539ー

数ヶ月前、20代後半の女の子に

「真理さん、使命ってどうやったらみつかりますか?」と真剣な顔で迫られた。

エーーッと、正直言って分からない。

言えることは「意外と近くあるんじゃない?」だった。

人からみたら、私自身が何か導かれるようにして、ここにいる感じがあるのでしょう。

もちろん、私自身もそんな感覚はあって、ここにいます。

でも、それが使命を知っている! とは、まだ直結していないんだ、正直なところ。

ただ、近く...

August 26, 2019

「身体は動かし続けること、磨き続けること」

最近、ふとした瞬間に頭をよぎるのが、このこと。

東京で働いている人の多くが、動かずに働けてしまう。

効率化は進んだけれども、人間の肉体的な進化はまだ追いつかない。

人間の身体は動くために創られているし、動くと良いように創られている。

動くことで使っているのは筋肉だけではなく、

内臓、内分泌、神経系、脳、血液循環、リンパ循環……と、

身体すべてに何かしらの影響を与えているわけで、

「動かない選択」をした場合、それらすべてが滞る可能性すらある。

まだまだ、運動とメンタル、運動と能力向上、運動と直観力みたいな分野...

August 25, 2019

今日は、カラダ大学の誕生日。4年目に突入します。

3年って、あっという間で、

創って壊し、創って壊した1年目。

自然と育まれた軸に沿ってコツコツ続けた2年目。

広がる予感を持ちつつ、ブレずに続けた3年目。

カラダ大学をサポートしてくれる、通ってくれる人たちがいて、

興味を持って見守ってくれる人たちがいて、

時に一緒に何かを初めてくれる人たちがいて、

いろんな人たちの「想い」で続いてきたな、と感じています。

この出会い、想いに感謝しかありません。本当にありがとう。

個人的には、たくさんの人たちの内面に触れさせてもらい、

私自身のために創ったのかな? と思う...

August 24, 2019

「何者にでもなれますよ」

ある人にそういわれて、何者にでもなれるのか……と、

嬉しい気持ちと、恥ずかしい気持ちと、困った気持ちが混ざった複雑な気持ちがある。

何者かになる! をやめたのが、つい最近だったから、ってのもある。

これまでの人生でも、十分に「なりたいもの」に一生懸命だった自分がいる。

そして、その世界で、思いっきり走り、つまずき、立ち上がってきた。

ライターとしても、ボディワーカーとしても。

でも、今年に入って、何かぐっと心震える何か、、、を求めている自分がいるのも確か。

それは、職業とか、技術とか、肩書きとか、そういう何者かじゃなくて、

...

August 24, 2019

今年の夏はボディトークの試験勉強と、

母の怪我によって降ってわいてきた家事全般で、あっという間に過ぎ去り、

気がついたら、なんだか毎日が涼しくて、心身ともに復活ぎみの坂本です。

なので、またまた気ままにblogに向かってみているわけです。

 心身ともに余白が出てくると、未来に想いを馳せたり、過去を振り返ってみたり。

「今ここ」以外のことで余白は埋められていくのですが、

今このタイミングで、この時間があること意味があって、

少しだけ、これまでのボディワークと、これから……について綴ってみたいと思う。

ボディトークの練習セッションを繰り返す中で、今、感...

May 3, 2019

GWは絶賛引きこもり中の坂本です。

いや、自然の中へ行かなかったことを後悔しつつ、

令和元日はちゃんと鶴岡八幡宮にお参り出来たし、

じっくり振り返る時間にもなったから良いのか? 

いや、まだ数日あるから、どこか近場に行くか? 迷い中です。

最近の旅といえば、もっぱら直感。

4月中旬は青森へ。まったく予定外の学び旅に行ってきました。

目的はボディトークというワークの基礎コース受講。

東京でも開催しているのになぜ? って自分でも思うのですが、

「あっ、青森なんじゃない?」って思ったら、

ちゃんと、その日程を空けることが出来ました。4日間も。

予定外といえば、...