【空き状況】自らを豊かにするレッスン

昨年末から「転職」「退職」される方々の話を聞く機会が増え、 先週末は「海外移住」の話をされるクライアントさんが3名。 自らの道を切り拓いていこう、 自分が大切にしたいことをやってみよう、 社会から期待されている自分像から一歩、脱皮しよう、 そんな姿をそばで見させてもらい、日々、刺激をもらっています。 自らを豊かに、幸せにする 言葉にしてしまうと、簡単に見えますが、 これがとても難しいことは、多くの人が実感しているのではないでしょうか。 日々、身体を通して対話をさせてもらっていると、 自分よりも「誰か」や、「社会」や、「会社」が優先になっていて、 自分のことは? といえば後回しになっている人がとても多い。 実は、私自身も「自分を豊かにする」ことはちょっと苦手。 クライアントさんたちと過ごす中で、 私自身も、自分を豊かにするレッスンをしているのかもしれません。 だって、身体はとっても正直だから。 見たくない自分も、そんな私は嫌だー! と嫌っても、 まるっとすべてを見せてくれて、すべてを受け入れることを促して来ます。 だって、それって人間らしいじゃない? って。 非言語の世界はとっても斬新で豊かです。 今週も空き時間をアップしてみます。 ご縁のある方に繋がりますように。 【今週来週の空き状況】 18日(火) 15時ー、17時ー 19日(水) 13時ー 21日(金) 13時ー 【申込】 下記のアドレスに お名前、連絡先(電話番号)、希望時間を書いて送ってください。 info@karada-univ.net 1日以内にはお返事を差し上げます。 【パーソナルセッションについて】 こちらをご

【空き状況】身体はいつでも「最善を尽くす」

先週の土曜日に「意識と感覚」についてのプレ講座をスタートしました。 まだまだ分かっていることが少ない分野ですが、 私なりに学んで来たことを、最も熱くなれる切口で座学にしました。 (本スタートは春の予定です) 内なる熱を外に出してみたら、さらに「熱」が湧いてきて。 やっぱり「不確実なこと」「まだ分からないことだらけ」が好物です。 「感覚」も「意識」も、はっきりしない、けど「ある」もの。 どちらも身体を通した綿密なコミュニケーションのなせる技でもあり、 「人体は巨大なネットワークシステム」という、NHKで数年前に放送されていた、 「NHKスペシャル 人体」の話にも通じます。 この綿密なコミュニケーションの要となるのが「メッセンジャー物質(※)」。 その種類は、数千種類はあると言われていて、今もなお発見し続けられています。 体内の何が、どんなメッセージを送り、それにより私たちの恒常性が保たれているのか? まだまだ、ここには未知の世界があって、わくわくが止まりません。 ただ、ひとつ分かっているのは「身体はいつでも最善を尽くして恒常性を保っている」ことです。 たとえ、持病があっても、痛みがあっても、鬱々とした気分であっても、 今日も「最善」を尽くし、生きることを優先しているのが、私たちの身体です。 ある意味、生きている、この事実だけが「最高の瞬間」とも言えるのではないでしょうか。 いろんな人生の節目や荒波、どうしようも出来ない混乱が訪れても、 身体が恒常性を保つように、私たちの人生も「いつだって最善」「今、この瞬間が最高」 なのだと、私は多くの方々の身体を通して感じています。 その恒常性

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2017 LASC Company Inc. All rights reserved.