カラダ大学の誕生日。

今日は、カラダ大学の誕生日。4年目に突入します。

3年って、あっという間で、

創って壊し、創って壊した1年目。

自然と育まれた軸に沿ってコツコツ続けた2年目。

広がる予感を持ちつつ、ブレずに続けた3年目。

カラダ大学をサポートしてくれる、通ってくれる人たちがいて、

興味を持って見守ってくれる人たちがいて、

時に一緒に何かを初めてくれる人たちがいて、

いろんな人たちの「想い」で続いてきたな、と感じています。

この出会い、想いに感謝しかありません。本当にありがとう。

個人的には、たくさんの人たちの内面に触れさせてもらい、

私自身のために創ったのかな? と思うぐらい、

自分自身の内面的な変化が激しい3年を過ごしました。

特に3年目は「すごいと言われないといけない、思われたい」という、

エゴマインドがそこかしこに顔を出し、自分と向き合う時間でした。

ボディワークする人は、皆、どこかカリスマ的なところがあって、

「そのようにならなければ、広がらないんだ」と、

必要以上に自分を大きく見せたり、見せるために頑張ったり。

でも、そもそも、自分がすごいボディワーカーになりたいんだっけ?

という、本質的な問いに帰ったとき、

カラダ大学は、人の成長、意識の進化をサポートする「場」であって、

そういう「場」を創りたい、という原点に今、立ち戻っている感じです。

さて、4年目は何が起きるかな?

まだまだ、カラダ大学も、アクティブに変容し続けます。

北参道の古いマンションの一室で、

カラダの知恵を育み、知恵を紡いでいく。

そんな時間を楽しみにいらしてくださいね。

9月からは、また新しい試みもちょっとずつ進めます。

mari

特集記事
最新記事