動き続ける、磨き続けること。

「身体は動かし続けること、磨き続けること」

最近、ふとした瞬間に頭をよぎるのが、このこと。

東京で働いている人の多くが、動かずに働けてしまう。

効率化は進んだけれども、人間の肉体的な進化はまだ追いつかない。

人間の身体は動くために創られているし、動くと良いように創られている。

動くことで使っているのは筋肉だけではなく、

内臓、内分泌、神経系、脳、血液循環、リンパ循環……と、

身体すべてに何かしらの影響を与えているわけで、

「動かない選択」をした場合、それらすべてが滞る可能性すらある。

まだまだ、運動とメンタル、運動と能力向上、運動と直観力みたいな分野は、

未知のことが多いけれども、

簡単に誰もが心身を安定させ、内なる自分を表現し、

必要なとき、必要なアイデア(直感)を受け取れるようになる。

そして、動き続けている人は、行動することも苦にならない。

私自身は、ボディワークを仕事にしていなかったら、

怠惰な暮らしを続けてしまうタイプ。

できれば動きたくないし、引きこもっていたいし、何もしたくない、笑。

けれども、なぜか惹かれたボディワークの世界に飛び込み、

肉体的な変化はもちろん、内的な変容をものすごく感じている日々。

今でも、ひとりならヨガの練習もやっていない。うん。基本が怠け者だから。

でも、まわりに動く仲間がいて、心身を調整してくれるプロたちがいて、

レッスンやセッションを受けると、パコッとスイッチが入る感覚が好き。

このパコッとスイッチが入り、そこから動き出す、

心身の流れ、リズム、他者と協働するリズムを知ったから、

その感覚が好きだから、続いている部分は大きいなーって思う。

4〜5年前は、ぜんぜん身体は動かせないし、身体のことも分からないし、

どこのセミナー、養成、講習、勉強会に行っても、

「違う分野の人」で、ちょっと恥ずかしい気持ちを抱えながら行ったな。

今では、少し馴染んできた、笑。

今日は、A-yoga東京チームでの勉強会でした。

去年から少しずつですが、A-yoga養成のアシスタント見習いをしたり、

東京での勉強会を開催したりしています。

自分ひとりでよりも、頼れる仲間がいると、ぐっと質が変わるから、

こういった、カラダ大学の活動以外も大切にしていきたいな、と。

9月からはヨガをベースにした「感覚を使う、磨くレッスン」をしよう、と思っています。

やっぱり「動き続けること」が大事なんじゃ? という予感とともに。

お久しぶりの方々も、遊びに来てくださいね。

mari

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

© 2017 LASC Company Inc. All rights reserved.