© 2017 LASC Company Inc. All rights reserved.

「何者かになる」を、もう終わりにしよう。

May 3, 2019

GWは絶賛引きこもり中の坂本です。

いや、自然の中へ行かなかったことを後悔しつつ、

令和元日はちゃんと鶴岡八幡宮にお参り出来たし、

じっくり振り返る時間にもなったから良いのか? 

いや、まだ数日あるから、どこか近場に行くか? 迷い中です。

 

最近の旅といえば、もっぱら直感。

 

4月中旬は青森へ。まったく予定外の学び旅に行ってきました。

目的はボディトークというワークの基礎コース受講。

東京でも開催しているのになぜ? って自分でも思うのですが、

「あっ、青森なんじゃない?」って思ったら、

ちゃんと、その日程を空けることが出来ました。4日間も。

 

予定外といえば、昨年末は長野の女神山ライフセンター5日間も行ったな。

年末年始17日間も休みにしたのは、ちょっと冒険だったけど、

でも、これがね、結構いいんです。かなりいいんです。

休み後のワークが良い感じにまとまるし、何より勘が冴える。

 

やっぱり自然はわたしたち人間を、

あらゆるレベルで調律してくれるんだなーって実感しています。

 

そして4月の学びの旅を終え、引きこもりGWを迎え、令和を迎え、

良い意味で「自分を諦める」ことが完了した感じです。

 

・コツコツと積み上げる方が良い。←出来ないことはやめよう。

・何事も(仕事も旅も遊びも)計画的に進めたい。←いつも計画倒れだし。

・夜も寝ないで頑張る美学。←寝ないのはもう無理!

・1日4−5人セッション出来るよう体力つける。←死んじゃう。

 

その他にも、思い込みやエゴを言語化する作業が完了して、

自分を責めるとか、ダメ人間と思うとかじゃなくて、

いや、むしろ「そういう自分、あるある」って、発見で。

そして、そもそも苦手なことや無理をしてまで頑張ってきたねー、

バカだな、、、、苦笑、みたいな。

 

というわけで、

令和を迎えた2019年GWは、新しく自分を発見し直しました。

これで何が変わるのか、分からない。

もしかしたら、また思い込みが始まるかもしれない。

 

でもね、私には動き、自分を感じ、自然の中へ行く、という術があるから、

動き、感じ、呼吸して感じ、自然とともにある時間を過ごすことで、

また「本質的な自分」を発見し、そこを源に生きていけると確信している。

 

身体とともにあること、自然とともにあること。

ただただそれを探求し、ただただ伝えていくこと。

なんだか、やっぱり引きこもって良かったな、令和元年のGWは。

 

mari

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

カラダ大学開校の想い①ご挨拶

November 13, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ