本日は仕事納め。

本日は、キャンパスでのセッション&ワークの仕事納めでした。

完璧とはいえないけれども、普段は手が届かない場所のお掃除をして、

小さなマンションの一室にお礼を伝えながら、キャンパスを後にしました。

2018年もたくさんの方々が訪れてくれたこと、

たくさんの輪を広げる活動がここから産まれたこと、

たくさんのアイデアがここに集まってきたこと、

豊かな時間を、多くの方々と過ごせた一年に感謝しております。

開校した当時は「早くても3〜5年後」と考えていたことが、

今年も、まるで時計が早回しされているかのごとく、次々と始まりました。

動き出したものもあれば、牛歩したものもありますが、

2年前の年末は、たった2人の「やってみよう!」という気持ちだけだったのが、

今年は多くの仲間たちが「一緒にやってみよう!」と、

身を乗り出してくれて、輪がひとつふたつと広がっていきました。

正解を教えることはできないけれども、

まだまだ未知の世界でもある「身体的知性」というものを

一緒に探求し、智慧を紡ぎ、どこまでも広げていける「学び場」として、

2018年もたくさんの可能性を感じながら成長したのを実感しています。

2019年の活動も、また未知なるものになる予感はありますが、

来年もまた多くの人たちと智慧を分かち、紡ぎ、

豊かな時間の中で日々成長する「学び場」にしていくつもりです。

2018年、カラダ大学に通ってくれた方々、

カラダ大学を気にかけてくれた方々、

カラダ大学とともに歩みを進めてくれた方々、

1年間ありがとうございました。

そして、また来年もどうぞ宜しくお願い致します。

2018年12月22日 冬至

カラダ大学

坂本真理

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

© 2017 LASC Company Inc. All rights reserved.