カラダ大学2歳になりました。

いつも「カラダ大学」に通ってくれたり、サポートしてくれたり、

いつか行ってみよう!と気にかけてくれたり、

いろんなカタチで関わってくれる仲間のみなさま、ありがとうございます。

本日、カラダ大学は2歳のお誕生日を無事に迎えることができました。

これからは「IQ・EQ・PQ(フィジカルインテリジェンス」を統合して生きる時代だ! 

思考と感情と身体を統合して「個の可能性」を引き出すことをやろう!

きっと「身体」が、統合した自己を生きる、ひとつの鍵を握っているはず。

そんな「やってみよう!」からスタートしたのが2年前です。

振り返ってみると、濃いエピソードが多すぎて、

そのひとつひとつを想えば、もう10年経ったよ、、、と言われても納得だし、

開校直後のことは今でも鮮明に記憶していて、

昨日だったよ、、、と言われても納得しちゃうほど、

もうなんだか時間軸がほとんど分からない状況で過ごしてきたように思います。

今年は、ぽんっと湖面に投げ込んだ小石が、

波紋をぐんぐんっと広げ、

隣の波紋と混ざり合い、また大きくなっていくように、

活動の輪をもう一個、もう一個、、、と広げていきたい。

そして「で、カラダ大学って何やってるの?」っていう声に、

できれば、ちょっとずつ応えていきたいなーと考えています。

このブログも、ちょっとずつは更新していこうって思いますので、

たまには「何やっているのかな?」って覗きに来てやってください。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

そんな誕生日の本日は、昨年11月からスタートした

「PIC(フィジカル・インテリジェンス・コミュニケーション講座」ステップ①でした。

何もない、自分たち以外は誰もいなかったキャンパスが、ちょっと賑わっております。

写真は今日の明治神宮。

よさこい祭りを横目に「いつかここで学祭やりたいな!」って。野望です、笑。

2018.8.25

mari

特集記事
最新記事