© 2017 LASC Company Inc. All rights reserved.

March 8, 2017

昨日は、カラダ大学の定期イベント、クロストークの日。

改めて感じたことがあったので、会のレポートというより、個人的な感想を徒然なるままに書いてみたいと思う。

クロストークは、<リーダーシップ>×<身体性>ということで、広い意味でのリーダーシップ、つまり「主体的に生きる」とか「自分らしさ」ということと「身体」の関係性だったり、その交わりから浮かび上がってくる智恵を、各分野で活躍するゲストを交えて紐解いていくもの。

今回のテーマは「お金」×「身体」。

この二つには、人間の大いなる思い込みが潜んでいると思っているので、なかなか面白いと思っていた。...

February 6, 2017

2017年1月31日(金)に<リーダーシップ>×<身体性>クロストークvol.2 〜森から学ぶ。身体から学ぶ。〜を開催しました。

ゲストは、その名も「株式会社森へ」の代表として多くのビジネスリーダーを<森>へと誘っている山田博さん。森の中で感覚を解放し、本質的な洞察へと導く活動をされている山田さんが語る「森からの学び」と、カラダ大学における「身体からの学び」。

これらの「学び」をクロスさせてみるとどのようなことが見えてくるのか!?という好奇心を持ちつつ、参加者の皆さんともクロストークしながら流れるままに展開されていきました。

・なぜこの活...

January 24, 2017

 2017年1月12日(木)に開催された、株式会社グローバルコーチング主催の「志高きビジネスリーダーの集い vol.6」にて、カラダ大学のプログラムを提供させていただきました。

このイベントにおいては、経営者・ビジネスリーダーの「意識の進化」を目的として、理論的知性・感情的知性・身体的知性・スピリチュアル知性に基づいた複数のプログラムが提供されました。

カラダ大学の担当パートのテーマは「自由」。

身体的知性を用いて、本質的な「自由」を掴むことが目的です。

「自由」とは、「執われがなく、無限の可能性そのものである」こと。プログラムでは、身体と...

November 28, 2016

2016年11月28日(日)

今回は、鎌倉駅〜衣張山~名越切通し~逗子マリーナ~材木座海岸~鎌倉駅の10kmコース。

まずは鶴岡八幡宮で入念にストレッチ!

ポールを持っての歩き方もしっかり

準備が整ったら、衣張山へ向かってGO!

皆さん真剣に黙々と登ります。

山頂に着きましたー!

ふもとの和菓子屋「旭屋本店」で購入しておいた豆大福をご褒美にいただきます!最高!

自然に包まれていくと、どんどん元気になっていきます!

紅葉もまだ残ってくれていました。

まんだら堂やぐら群、神聖な雰囲気です。名越切通では、一人きりになって歩く時間も作りました。一人で歩くと、一...

November 9, 2016

カラダ大学・事務局の神西です。

前回からだいぶご無沙汰していましました。

これまでなぜ我々がカラダ大学をスタートさせたのかという想いを綴ってきましたが、今日はひとまずそのの締めくくりです。

身体と意識の進化について。

ちょっと前に個人のFacebookでこんなことを投稿しました。

******************************************

自分が考えたり意識していること以上に、自分の「無意識」が現実の多く動かしているように思う。
では、その「無意識」をどう認識し、整えていくのか。
そのヒントは身体にあると思う。
身体は...

September 13, 2016

カラダ大学・事務局の神西です。

前回のブログを読んでいただいた方々から、たくさんの応援メッセージをいただきました。

本当にありがとうございます。

ここ数年間あまり表に出ることなく、地道に活動してきましたが、そろそろお前も外に出てこいと、お天道様に言われているように感じている今日この頃です。

なので、今日もカラダ大学に込めた我々の想いを綴ってみたいと思います。

私がパーソナルトレーニングジムの開業に携わったのは10数年前でした。その頃は健康やカラダに関する情報が連日メディアに溢れるようになり、これがカラダいい!とテレビで放送されればスーパーマー...

September 1, 2016

カラダ大学・事務局の神西(ジンザイ)です。

たくさんの方々のご協力のおかげで、8月25日にカラダ大学を無事にスタートさせることができました。本当にありがとうございます。

開校して1週間、こちらのブログもぼちぼちスタートさせていきたいと思います。

記念すべきブログ投稿1回目は、自己紹介も兼ねつつ、なぜ「カラダ大学」なるものを始めようと思ったのかについて、書いてみたいと思います。

私は大学卒業から「自分は本当にやりたい仕事って何なんだろう?」と問いとともに、様々な経験を重ねてきました。銀行から、大学院、デペロッパーでのスポーツ施設の開発。。。

3...

Please reload

特集記事

カラダ大学開校の想い①ご挨拶

November 13, 2016

1/2